ホーム>ホッケーコラム>BOSS VOICE>オフトレーニング スケーテイング
BOSS VOICE

オフトレーニング スケーテイング

前回はオフトレーニングを書きましたがこの時期にスケーテイングの形を固めてはいかがでしょうか。我々の時代はスケートは滑るのではなく走るもんだと教えられました。足を一所懸命動かし、強く蹴ることと。。。今となってはナンセンスですよね。強く蹴ることは間違ってないのですが1歩を長く乗ることが大事です。蹴る足同様乗り足が重要で、体重の乗せかた、エッジの使い方がポイントでしょう。巷で言いますパワースケートです。形を固める手っ取りばやい練習方法はインラインスケートでゆっくり滑るなんかは良いでしょうね。スピードスケートの選手が練習でやってるようにホッケー選手もやってみましょう。インラインはアイスに比べ摩擦が大きいので形が悪いとスピードが出ません。ごまかしがきかないのです。蹴る足はつま先蹴りができずエッジ全体でけれるようになります。乗り足もハの字では長くのれませんのでエッジにフラットに乗れるようになれます。私なりに練習方法の考えはありますのでお電話いただければせんえつですがお教えいたします。以前坂田さんの文章で足をバタバタしないでこのように滑りましょうとポールコフィーの動画がありました。まったくそのとおりです、彼は1番のモデルです。DFでありながらNHLのスケートスピードコンテストでは1番でした。ゆっくりに見えますが実はこれが一番早いんです。予断ですが学生時代に私のステックにはCoffeyと書いて彼になりきろうとしてました。(笑)動画を探して研究すのもいいですね。

 2015622174541.jpg 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.greatone.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/25

ページトップへ戻る