ホーム>ホッケーコラム>BOSS VOICE

BOSS VOICE

GKスクール

先週末は長野県主催のGKスクールが開催されました。最近は全国でいろんなGKスクールが開催されています。それだけGKの重要度が高まってる証拠ですね。これからは大学や高校チーム、そしてジュニアにも各チームにGK専属のコーチが配置されるのではないでしょうか。早くからGK専属コーチを持ってる八戸工大一高は毎年すばらしいGKを輩出しています。GKとしてパフォーマンスアップは身体能力も大事ですがそれよりスケーテイング、ポジショニング、構え、リバンドコントロールなどの基本を身に着けているかどうかでしょう。バタフライというスタイルが誕生してから、基本を身に着けているかどうかで間違いなく差が出ます。地元軽井沢高校に在籍していた佐藤永和(明治大学卒)さんや佐藤雄一郎(明治大学在学中)さんは基本どおりの綺麗なスケーテイングをしてました。練習開始前の自分自身のアップではスケーテイングを繰り返していたのが印象的です。お二人ともますます立派なGKになられています。GKになられたジュニアの方は是非早いうちに基本を身につけてほしいです。スクールなどに積極的に参加してそこで教えてもらったことを反復してみましょう。

20157865940.jpg

マックデヴィッド

昨年のジュニア世界選手権でカナダが優勝しましたね。あの時の試合をビデオで見てましたがカナダの1つ目のFW(17.26.21)はうまいなと感じました。その17番の名前がコーナー・マックデヴィドとわかりました。知ることとなったわけは彼が先日のNHLドラフトで全体1位で指名されたからです。昨年のOHLではMVP、その前のグレータートロントホッケーリーグで年間79ゴール、130アシストの記録を作ったことも知ることとなりました。あのグレツキーも彼の才能には一目置いているそうです。ルックアップしながらエッジに乗ったスケーテイングで相手を抜いてゴールする様はクロスビーを彷彿させます。今年からはエドモントンオイラーズでのプレーですが1年目から活躍するでしょうね。オイラーズはここ数年ドラフトは1番2番3番でくじを引いてますので当然若くていい選手が多いです。オイラーズの試合を見のは好きです。21歳ヤクポフ(彼も全体1位です)22歳ホプキンス、23歳ホールとこのままいくとスタンレーカップも夢じゃないですけど(・・・点取られすぎですーシステムがだめなんでしょうね)。すでに背番号97番が確定しているようです。CCMともスポンサー契約できてます。今年はオイラーズの97番に注目してみましょう。

201574154423.jpg
20157415451.jpg

 

NHLアワード

昨日NHLアワードが開催されました。毎年興味のあるイベントですね。通常日本なんかはMVPは優勝チームの活躍した選手と相場は決まってますが、NHLは毎年スタンレーカップやレギュラーシーズンのトップチームとは関係なしに選ばれます。今年も最終エントリーはキャリープライス(モントリオール)オヴェチキン(キャピタルズ)ターバース(アイランダース)とチーム成績には関係ない3人でした。見事プライスがMVP受賞となりましたが(ベストGKも取りました)最近はGKの地位が上がりっぱなしです。我々がプレーしていた時期に比べGKはやりがいがありますね。小学生のチームでもGKに立候補してやる子も増えてるようです。このGKの立場に対してどうもDFの評価が低く見られているように思います。各ゲームの3スターでもGKやFWは選ばれますがDFはなかなか選ばれません。私などはゲームなんかでも意識してDFを見るようにしてます。小学生のチームでは能力ある子をDFに置くチームは多いですがその子達も中学、高校へ行くとFWに転向する傾向にあります。是非日本のホッケーのためにもDFの地位を上げていってほしいです。そんなDFの最優秀選手ですがエリックカールソン(セネターズ)でした。彼のホッケーセンスにはいつも惚れ惚れします。ベストDFの最終ノミネートに黒人のスバン(モントリオール)が選ばれてましたが、MVPが近いうちにDFから選ばれるとするとこの2人ではないでしょうか。この2人を筆頭に」来シーズンのDF陣の活躍を期待しましょう。

2015625122423.jpg
201562512269.jpg
 
2015625122656.jpg

 

オフトレーニング スケーテイング

前回はオフトレーニングを書きましたがこの時期にスケーテイングの形を固めてはいかがでしょうか。我々の時代はスケートは滑るのではなく走るもんだと教えられました。足を一所懸命動かし、強く蹴ることと。。。今となってはナンセンスですよね。強く蹴ることは間違ってないのですが1歩を長く乗ることが大事です。蹴る足同様乗り足が重要で、体重の乗せかた、エッジの使い方がポイントでしょう。巷で言いますパワースケートです。形を固める手っ取りばやい練習方法はインラインスケートでゆっくり滑るなんかは良いでしょうね。スピードスケートの選手が練習でやってるようにホッケー選手もやってみましょう。インラインはアイスに比べ摩擦が大きいので形が悪いとスピードが出ません。ごまかしがきかないのです。蹴る足はつま先蹴りができずエッジ全体でけれるようになります。乗り足もハの字では長くのれませんのでエッジにフラットに乗れるようになれます。私なりに練習方法の考えはありますのでお電話いただければせんえつですがお教えいたします。以前坂田さんの文章で足をバタバタしないでこのように滑りましょうとポールコフィーの動画がありました。まったくそのとおりです、彼は1番のモデルです。DFでありながらNHLのスケートスピードコンテストでは1番でした。ゆっくりに見えますが実はこれが一番早いんです。予断ですが学生時代に私のステックにはCoffeyと書いて彼になりきろうとしてました。(笑)動画を探して研究すのもいいですね。

 2015622174541.jpg 

ジュニアのオフトレーニング

通年リンクがないところは今は陸上トレーニングの時期ですね。中学生、高校生、大学生は氷上の時期よりつらいトレーニングをしていることでしょう。つらいことも楽しんできるかが鍵です。さて小学生のオフシーズンですが何をされているでしょう。当然いろいろなスポーツをやることは良いですよね。熱心にホッケーのためのトレーニングをしている方もいるとは思います。そんなときはまず基礎体力をつけるより、技術を身につけたほうが良いのではないでしょうか。体力トレーニングも必要ですが中学に入ってからで良いでしょう。ハンドリング、シュート、スケーテイングの技術を磨きましょう。それは正しい形を覚えるということです。これにはチームやスクールなどのコーチからアドバイスをもらうと良いでしょう。自己流は時間の無駄になります。ちなみにハンドリング練習用にこんな器具もあります。宣伝になってしまいましたがお問い合わせください。

2015620164022.jpg

 

 

昨シーズン

昨日のブログでスタンレーカップが終わり本当にシーズンが終わりましたと書いたついでに、昨シーズンを振り返って私が思うトピックスを書きたいと思います。1、上野拓紀アジアリーグ2冠 長野県が誇るプレヤーで大学では私の後輩に当たります。得点、ポイントの2冠は外人をおさえて価値あります。小学生から2学年は上のプレーをしていました。大学では練習中からワクワクすることをやってくれてました。今シーズンからクレインズでも今まで以上に活躍してくれるでしょう。2、バックス全日本制覇 とうとうやってくれましたね。特に岩本監督おめでとう。同期の鑑です。3、フリーブレーズアジアリーグ優勝 シーズン前からサハリン強いだろうと思ってましたがプレーオフ敵地3連勝はお見事。いつも思いますがやはり若林さんの手腕は大です。キャプテン田中豪もエライ。MVPは当然でした。4、白樺敗れる ここ最近の白樺さんの強さは大変なもんです。インターハイも順調に優勝かと関係者は思ったはずです。敗れましたが今年も敬意を表するチームでした。優勝した駒沢苫小牧はよくやりました。おめでとう。鈴木監督からもう桶谷君の時代です。5、簑島君ジャパン 名前は聞いておりましたが昨年夏の選抜大会ではじめ見ていい選手だなーと思ってましたが高校卒業と同時にジャパンはびっくりしました。その上世界選手権でもしっかり活躍もしてましたね。大学2年時でジャパンは数人いたと記憶していますが、高校卒業してすぐは、初でしょうか。今後のご活躍期待しております

201561917453.jpg

 

シーズン終了

 日本では3月にすでに昨シーズンが終了しておりましたが、5月に世界選手権、そして先日スタンレーカップが終了して世界的にも14~15年シーズンが終わりました。スタンレーカップではシカゴブラックホークスが優勝しこの6年間で3回優勝したことになります。連続優勝はないにしても力は安定してますね。この6年で2回優勝しているロスアンゼルスキングスもすごいことです。どんなチームも試合に勝つこと、さらに優勝するということはシステムとタレントが絡み合うということだと思います。システムはチームの戦術、戦略、決め事であり、タレントは選手の能力、技術、気質です。どちらが1つが優れていても2つがそろわないと優勝はありえません。NHL37シーズン目のジョエルクエンビル監督の手腕、戦術は文句なしですし、88ケイン19テイズ10シャープ2キース7シーブロック50クロフォードとFW,DF,GKどのポジションにもタレントがそろっています。特にプレーオフMVPの2キースの活躍はすごかったですね。試合の半分がアイスタイムでした。このチームですと連覇の可能性もありえるのではないでしょうか。敗れたタンパベイでは91スタンコスがシーズンをとおしてうまいなという印象がありました。キャピタルズのオヴェチキンと並んでハウスの外からでも簡単に点数取るプレーヤーですね。この2人を見てますとハウスの外から点を取る練習を考えたくなります。

201561812500.jpg
2015618125053.jpg

 

ホームページリニューアル

いつもご利用ありがとうございます。ホームページをリニューアルさせていただきました。今まで以上にご利用しやすくさせていただきました。今後ともご利用よろしくお願いいたします。

女子オリンピック出場決定

やりましたね。はじめて知りましたが毎月のように強化合宿してたんですね。合宿は強化練習やチームの決め事決めたりするのはもちろんですが、チームワークというか和ができますから。男子のようにチームに縛られない分やりやすかったのかな。男子もいろんなこと犠牲にし頑張ろう。数年前にキムタクのプライドというドラマがあり競技人口が少し増えました。今回もこれによってホッケー始める人が増えれば何よりです。メデイアの皆さんいっぱい取り上げてください。私の店でもすぐに日刊スポーツとフジテレビから聞き込み取材ありましたよ。

2強時代

昨日インターハイが終わりましたね。まずは白樺学園のスタッフ、選手、ご父兄、関係者様優勝おめでとうございます。高校2強時代といわれていますがそのとおり今年も白樺、駒沢の決勝でした。強いチームは良い選手がいるということでなく良い選手が良い練習をしてるということですよね。さらにそこから優勝するにはいかに精神面を鍛えてるかということでしょう。両校とも良い練習はもちろん、監督、コーチが毎日のように精神面について指導しているのが目に見えます。今年は小学生も中学生も帯広が強いと聞きます。白樺時代が続くでしょうか?地元軽井沢がベスト4目指しましたが、惜しくも1点差で惜敗しました。期待しましたが残念です。ベスト4が昨年と同じ顔ぶれで日光明峰と八工大も強いのは当たり前ですが大会へ向けて調整もうまいんでしょうね。その他の本州勢では埼玉栄や東北高校が北海道の強豪に勝ちました。価値あります。いつかは本州勢同士の決勝なんかもありえるのではと期待します。
ページトップへ戻る